ナイアガラ・オン・ザ・レイク

                       19世紀の面影を残す古都 『ナイアガラ・オン・ザ・レイク』は、
                          ナイアガラの滝 からタクシーで約25分のところにある小さな街。
e0029451_6191958.jpg




            町のシンボル、時計台が目印のメイン・ストリートにはレストランやブティック、お土産屋さんが並んでいます。
e0029451_620967.jpg
                   英国皇太子も滞在したという由緒あるホテル、プリンス・オブ・ウェールズ・ホテル。
            お茶だけでもと思って入ってみたものの、三段重ねのアフタヌンティーが6000円という値段を見て、即退散^^;
e0029451_6202488.jpg
                     秋だというのに、町には緑が溢れ、色鮮やかなお花がたくさん咲いていました。
e0029451_6203967.jpg
                        こんな風に緑やお花に囲まれた素敵なレストランなどもありました。
e0029451_6205856.jpg
                    この日は、風が強く肌寒い日でしたが、時々見せる青い空がとても気持ち良い☆
e0029451_6211391.jpg
                        19世紀のイギリスの雰囲気を残す街、『ナイアガラ・オン・ザ・レイク』
e0029451_6213057.jpg
                                 この古き良き街並みを保存するために、
                          新しく建物を建てることが一切禁止されているのだそうです。
e0029451_6214517.jpg
                      偶然通りかかった真っ白い馬車も、街の雰囲気にとてもマッチしていました。
e0029451_622796.jpg
                      メインストリートにあるお菓子屋さんの中で、行列が出来てるお店を発見!!
e0029451_6223961.jpg
                      お店のショーウインドもとても可愛いく、心惹かれて行列に並んじゃいました。
e0029451_623263.jpg
                      並んでいる間にショーケースを眺め、散々悩んだのが『アップルダンプリング』
                          皮をむいたリンゴを丸ごと1個、パイ生地で包んで焼いた菓子。          
e0029451_6231712.jpg
                      パイ生地よりクッキー生地に近い、食べ応えあるアップルダンプリングでした。
                       生地やリンゴにハチミツを使っているせいか、外のベンチで食べていると、
                     ハチさんが沢山寄って来て、落ち着いて食べれなかったのが残念!!泣(T-T)
[PR]

by purimari22 | 2009-11-23 06:23 | 2009-カナダ・トロント | Trackback

トラックバックURL : http://sweetcityy.exblog.jp/tb/11635626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 蒸しパン専門店『Mr.Musi... 女性が喜ぶレストラン BEST1 >>