地元で愛されているフランス料理店

                     地元でフランス料理をいただくことは、あまりないけど、毎年6月に創業祭を行い、
                 普段よりリーズナブルにコース料理を頂けることもあり、毎年お邪魔しているお店があります。
e0029451_19384377.jpg




                       前菜とスープは2種類から、メインは3種類の中から選ぶことができます。
e0029451_1958534.jpg
          前菜は迷うことなく、大好きなテリーヌをチョイス☆色々なお肉が混じりあって、歯ごたえもしっかりあり、私好み☆
e0029451_19591989.jpg
            スープだけは、どちらにするか迷いました。結果、冷たいカボチャのスープを選び、お友達が、もう1つのスープ、
           温かいスープを選びました。温かいスープの方は、エビの味と香りがしっかりとついた、とても濃厚なスープでした。
e0029451_19593563.jpg
                 パンは、皮がパリパリの中はモチモチで以前より、はるかに美味しくなってました♪(o≧∇≦)o♪
e0029451_19594910.jpg
                     メインは、マッシュポテトの上にグリルした鴨。よくあるレアな鴨のソテーとは違って、
         こんな風に香ばしく焼いたものは初めて!!しっかり焼かれても、パサッとした感じがなく、とても美味しい一皿でした。
e0029451_200134.jpg
          デザートは、チェリーのムース。爽やかで程良い甘さ。少しバラの香りに似た香りのチェリーを使ってる感じがしました。
e0029451_2001883.jpg
         かしこまったフランス料理店ではなく、気軽に利用できるお店ですが、お味の方は、いつも裏切られることなく素晴らしい!
         人の流れも変わり、多くのお店が消えていく中、幅広い年齢層から愛され、25年もつづいてる、こんなお店は貴重ですね。
[PR]

by purimari22 | 2012-07-05 20:08 | 美味しいお店 | Trackback

トラックバックURL : http://sweetcityy.exblog.jp/tb/18319211
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< パリ町をお散歩&et cetera やっぱり、バルセロナの食事は最... >>