南インド料理店『ダクシン』でカレーランチ

仕事で東京に行った際のランチは、美味しいパンを求め、ベーカリーカフェを利用することが多いけど、
この日は蒸し暑く辛い物が食べたくなり、東京駅周辺でカレーのお店を検索してみた。
e0029451_15105106.jpg




どちらも南インド料理店で『ダクシン』と、もう1件は、『ダバ インディア』。
今回は、開店時間が11時と早い『ダクシン』に行ってみることに。
お店は、東京駅八重洲j南口を出て、八重洲ブックセンター脇の細い通りの地下にあり、迷わず辿りつけました。
e0029451_15105507.jpg
階段を降り、地下の店内に入ると、早い時間だったので一番乗り!その後、続々とお客さんが増え、あっという間に満席。
テーブル席に案内してもらいましたが、カウンター席は厨房が見えて、今の時期は暑そうですが、寒い時期ならカウンター席もいいかも☆
e0029451_15105835.jpg
数種類あるランチメニューの中から選んだメニューは、 3種のカレーと主食のセット。
主食は、ナンかパトゥーラ&ライス、ロテイ&ライスから選べ、私は迷わずナンをお願いしました。
e0029451_15110114.jpg
3種類のカレーは決まっていて、この日は、ミント&チキン(辛口)、南インドのえび(中辛)、ワダ・モールコランブ(甘口)。
辛口のカレーでも火を噴きそうなほどの辛さはなく、スパイスが効いていて、後から体が熱くなってくる程度の辛さ。

大きなナンの下に隠れいていた少し甘めの胡麻ドレッシングがかかったサラダは、カレーに合うので、もう少し量があると嬉しいところ。
e0029451_15110616.jpg
3種類のカレーの中では、辛口のミント&チキンが一番美味しかったけど、
白い色した南インドのえびカレーも初めて頂く味わいで、また食べてみたいですね~
クリームシチューのような感じの色のル―だけど、味はカレーなので、何だかとても不思議な感じがしました。
e0029451_15111072.jpg
ナンはお替りもできるようですが、1枚で十分だし、カレーの量とのバランスも丁度良かったです。

地下のお店へ降りる階段の脇には、こんなメニューボードがありました。何故、『宇宙刑事シャイダー』なのかしら?(((゚д゚)))??
e0029451_20192214.jpg
NHKの『サラめし』という番組が好きで、毎週木曜日の再放送を職場の皆とランチタイムに観ています。
先週、イラストレーター・安西水丸が愛した麹町のマトンカレーが紹介されていました。
今は、次回の出張時のランチ候補の1つとなっています!

[PR]

by purimari22 | 2014-09-11 20:22 | TOKYO | Trackback

トラックバックURL : http://sweetcityy.exblog.jp/tb/22378534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 辛いけど深みと旨みもある『陳麻... 肌と心にやさしい手作り石けん[... >>