コロッセオ&フォロ・ロマーノ

   ローマを表現する有名な言葉

              『コロッセオがある限り、ローマも存在するだろう。
                 コロッセオが崩れる時、ローマも終わりとなるだろう。ローマが終わる時は、世界も終わりだ』
e0029451_2125659.jpg




          800年の歳月が流れても、コロッセオの存在感はすごいです。
          当時、5万人の観衆を収容できる円形闘技場では、剣闘士の戦いなどが行われていました。
e0029451_2133358.jpg
                   どのガイドブックを見ても、キップ売り場は長蛇の列が出来ていると書いてありますが
                   朝早く行けばスムーズに入ることができ、ゆっくりと見ることが出来てお薦めですよ^^
e0029451_214958.jpg
           闘技場の観客席は身分性別によって仕切られていたそうです。
e0029451_2143212.jpg
           競技場だった中央部分の床部分は失われてしまったので、地下の構造がよく解ります。
           猛獣の檻や道具の他に、移動のための大ががりな舞台装置もあったそうです。
e0029451_215342.jpg
                   朝日が差し込んだコロッセオ
e0029451_2152216.jpg
                   気温が上がり、汗ばむ陽気でも日陰に入ると気持良い風を感じることが出来て快適☆
e0029451_216265.jpg
e0029451_216208.jpg
          うまい具合に日差しを避けて、こんな所で読書している人を発見!
e0029451_2164582.jpg
                   コロッセオの次は、ティトゥスの凱旋門を通って、フォロ・ロマーノへ          
e0029451_2191892.jpg
           先ずは、パラテイーノ丘へ。当時、貴族や有力な家柄の人達が住む宅地だった場所です。
e0029451_2185327.jpg
           今にも右側の階段からお姫さまでも降りてきそうな雰囲気でした。
e0029451_2195487.jpg
                  夏には沢山の花々が咲き、冬にはオレンジが実り、優雅に暮らす別天地だったようです。
e0029451_21102449.jpg
         丘を下りて、再びフォロ・ロマーノに戻りました。
         フォロ・ロマーノの「フォロ」は「フォーラム」という言葉の語源。当時、市民の集会場所となっていた公共広場。
e0029451_21105241.jpg
          サトゥルノの神殿
              現在は、入り口を飾っていた8本の円柱が残っています。
              古代ローマの聖なる場所のひとつで、国家の財宝が収められていたそうです。
e0029451_21111283.jpg
          聖なる道の最終地点、3つのアーチがある「ゼヴェルスの凱旋門」
e0029451_21122051.jpg
e0029451_21123837.jpg
e0029451_2112564.jpg
e0029451_2113927.jpg
          古代ローマの中核であったこの地は、まるでその時代にタイムスリップした錯覚に浸れる場所。
          広大で木々も少なく、日陰がないので頭が少し朦朧として、「いったい何処にいるんだろう?」と不思議な気分に。

          この日の続きは、まだあるのですが写真が多くなってしまったので次回の記事にアップしたいと思います!
[PR]

by purimari22 | 2007-10-23 22:12 | 2007-イタリア・ローマ | Trackback | Comments(11)

トラックバックURL : http://sweetcityy.exblog.jp/tb/6674252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by iikayo at 2007-10-24 01:18
コロッセオ、この中に入ると何だか分からないパワーを感じます!
昔の戦いの場だからかなぁ?建物の大きさにも圧倒されちゃうし~。
一見の価値ありですよねぇ。
フォロ・ロマーノ、遺跡好きにはたまらない場所ですよねぇ。
ホント不思議な気持ちになりますよねぇ。
大昔になんでこんなモノ建てられたんだろう??って
考えずにはいられないですよねぇ。
続編楽しみにしてます~。
Commented by sucre_sel at 2007-10-25 10:50
どの写真も素敵! 建物に重厚感がありますね。
コロッセオは初めて見たときに圧倒されました。
ローマは遺跡の中に街があるという感じなので、お散歩するのも
楽しいですよね^^
続きを楽しみにしています^^
Commented by purimari22 at 2007-10-25 22:12
>iikayoさん
 コロッセオに行ったのは、今回で2回目ですが
 初めて訪れた時と同じ感動を味わう事ができました。
 言葉では上手く言えませんが、本当に圧倒されちゃいますよね。
 コロッセオを含め、この周辺を歩いていると、古代にタイムスリップ
 してしまったのでは?と、とても不思議な感覚になりますよね。

 写真が多く、なかなか整理できてないのですが、
 又、続きをアップしますので時間がある時に覗きに来て下さいね^^
Commented by purimari22 at 2007-10-25 22:22
>sucre_selさん
 本当にローマは、街のあっちこっちに世界遺産があり
 街歩きがとっても楽しいですよね♪
 東京の街は、次々と近代的なビルが建設され、行く度に景観が変って
 いる感じですが、修復しながら古い建物も大切に維持していくのも
 大切なんじゃないかな~と最近感じています。
Commented by hokurikucat at 2007-10-30 21:24 x
うわ~芸術ですね~
すっごく大きいのですね。
実際に行ったら、もっともっとすっごいでしょうね~

また、続きを楽しみにしていまーす♪

ところで、先週は、C様とお会いできたのでしょうか?
また、どんな美味しい所へ行ってきたのかニャ~ウフフ♪
Commented by purimari22 at 2007-11-01 05:10
>hokurikucatさん
 本物の素晴らしさを写真で伝えるのはなかなか難しいのですが
 少しでも感じとってもらえたら嬉しいです。
 hokurikucatさんにも是非、本物を見て実感して頂きたいですわ~♪

 お忙しいC様ですが、何んとか時間を作ってもらい
 今回もお会いする事ができましたよ~!
 短い間でしたが、しっかりデザートまで頂いて帰って来ましたよ!(*^_^*)
Commented by yottyan at 2007-11-01 18:43 x
すごいです。芸術です。グラディエーターを思い出します。
Commented by purimari22 at 2007-11-05 07:16
>yottyanさん
 グラディエーターはコロッセオが舞台でしたからね。
 帰って来た直後にBSで映画をやっていたんですよ!^^
Commented at 2007-11-05 20:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by purimari22 at 2007-11-07 06:53
>鍵コメさま
 連絡ありがとうございました。
 無事にお手元に届いたようで安心しました。^^
 これからもどうぞ宜しくお願いします!
Commented by 職務経歴書の書き方 at 2012-11-22 17:12 x
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

<< アラブの摩天楼の夕べ by K... 秋のマフィンセット >>